大規模修繕工事がそろそろ計画されています。

私は2年前に築10年のマンションを購入しました。ずっと欲しかったマンションでしたので、マンションの空きが出た時は本当にうれしくって、すぐに購入の意思を出しました。マンションはやはりメンテナンスが非常にしっかりとされていて、そろそろ10年経つと、大規模修繕工事が待っています。そのための管理費を取られてはいるのですが、前の住人の方がちゃんとこの管理費を滞納せずに支払いをしていてくれたことによって、現在ちゃんと積立が行われているようです。私は今は外観はちょっと傷んできてはいるのですが、これから大規模修繕工事が行われると、外観もとっても綺麗になりますので、室内はリフォーム仕立てで非常に綺麗ですが、これから外側もピカピカに生まれ変わると思うと、非常に楽しみなので、これからもちゃんと管理費の支払いをしたいと思っています。

大規模修繕工事の費用について

大規模修繕工事は特にマンションにてよく言われる言葉ですが、十数年に一度、行う言葉通り大規模な修繕工事になります。特に外壁の再塗装や屋根工事など、躯体ではないですが、外部周りの通常時はあまりいじらない部分を修繕します。マンションでは通常の管理費と別に修繕積立費を毎月積み立てることでその工事に備えます。大規模修繕前には業者に見積もりをとり、どれくらいの費用がかかるかのあたりをつけますが、その際に足りない分は再度、住民から徴収形になり時には大規模修繕前にマンションを売ってしまう人もいます。ポイントは修繕工事時に多数の業者に見積もりを取ることが大切でしょう。どうしても管理会社系の工事会社に見積もりを取りがちですが、それだけでは競争原理が働かにために費用が高止まりします。それを防止するためにも数社に見積もりを依頼することが重要でしょう。

大規模修繕工事をする際の注意点

大規模修繕工事をする際に注意する点は、どの箇所を工事するべきかを正確に見極めることが大切です。どの部位もいずれは工事をする必要が出てくることは間違いないですが、やはり、まだ持ちそうな部分まで工事を早期にする必要はありません。では、どうしたら良いか。対策は2点あります。1点目は、複数の工事業者に見積もりを依頼することで、現地調査もすることになるでしょうから、複数の業者間で共通した項目を修繕するという方法です。業者によって修繕するしないという判断が出る項目は実はまだ修繕する必要がないことが多いです(見積金額を増やすために工事量を増やすことがあります)。もう1つは、専門コンサルタント(耐震診断をするコンサルタント等)に依頼する方法です。この方法は別途工事費と別にコンサルタント料がかかることになりますが、工事業者でない立場の人間が判断することで客観的に判断することができるので非常に効果的な判断結果がでることになります。修繕工事をする際は参照頂きたい。

お住まいのマンションの耐震性が心配なお客様。実際の建物の耐震化に向けたご相談を承ります。マンションの大規模修繕ならお任せください。マンション修繕についてのご質問からお見積もりまで無料で承っております。お気軽にご相談下さい。建物を壊さず、長持ちさせることに貢献します。修繕を実施したマンションは3,000件超!首都圏トップクラスの実績があります。大規模修繕工事のことならヤシマ工業